FC2ブログ

2018-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/13(土)「DTP基礎」短期集中講座(6日目)

いよいよ夏季集中講義「DTP基礎」の最終日
この日の流れは以下の通り。

午前
・三つ折りチラシのラフスケッチ
・三つ折りチラシ作成
午後
・三つ折りチラシ作成
・感想等、まとめ


・最終日なので
私は電車、バスの都合でいつも一番早く学校に到着し、PC室の鍵を開けていた。

しかし今回は既に教室が開放されており、中入ると生徒が授業の準備をしていた。
話を聞くと一時間近く前に登校していたそうだ。
「今日こそ本当の一番のりです」と楽しそうに話していた。

他の生徒もいつもより早く登校し、やる気に満ち溢れていた。


・作業開始
I先生の簡単な指示と注意があった後生徒たちは早々と作業に取り掛かる。
無駄話も全くなく、教室内はマウスを動かす音とキーボードをたたく音のみ。

TTの私が生徒の周りを巡回するも、
集中の邪魔になるのではないかと気が引けるほどだった。

・模擬授業
午前中にインターンシップの先輩であるOさんとKさんが二次対策ということで横浜青陵総合にいらっしゃった。

そこからPCB教室へ移動し、Oさん、Kさん、一緒にTTをなさっているMさん、N先生の模擬授業を行う。
四人の先輩、先生全てのこれまでの模擬授業を拝見させてもらっていたので
今回は前回の指導を活かし、大幅に改良されているのが良く分かった。

模擬授業の経験が皆無に近い私が先輩、先生の模擬授業にコメントをするというのはとても失礼な気がしてならなかった。

しかし、ただ見ているだけでは模擬授業の良いところしか見えない。なんとか「こうした方がいい」と指摘できるもの、「自分ならこうする」というポイントを探しだす行為は模擬授業をいつも以上に有意義にするものであった。


・三つ折りチラシ作成
お昼近くになると生徒の作品も段々形になってくる。
生徒からは質問ではなく「こんな工夫をしてみたんですけどどうですか?」と、自分の作品を評価してもらいたいという、呼び出しが多くなる。
これがまた思いもつかないような出来で、素直に「すごい」と思える作品だらけだった。


また授業中に今年新採用となったT先生がいらっしゃった。
先輩のOさんやKさんからお話は聞いていたがお会いするのは今回が初めてだった。

今回は自己紹介と少しお話をしただけだったが
高校での部活動など、現場の興味深いお話をして頂いた。
貴重なお話、ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いいたします。

・午後の部突入
午後になっても生徒の集中力は途切れず、作業に没頭していた。
I先生は先輩方の模擬授業の指導もあったため、大切な授業を私に任せて頂いた。
多少プレッシャーも感じたが、生徒のやる気を前にそんな気持ちはいつの間にかなくなっていた。

本来の終了時刻である15:30を超えてもどこまでもこだわる生徒の作業は終わらず、作品の最終提出期限は18:00となった。

しかし、最後の最後で一人の生徒のデータが壊れてしまった。
一応完成品を印刷したものが残っていたため、評価することはできるだろうが、データそのものが無くなってしまったのはとても残念だった。

生徒自身も露骨ではなかったが残念そうだった。
なんとか作品スキャナで取り込み、校内webして記録に残してあげたい。


14:30頃に文教大学の教授で、今回のインターンシップを紹介して下さったA先生がいらっしゃった。
毎年大学の教職課程で行われる富士山登山の合宿からお帰りになったばかりでお疲れの中、インターンシップの様子を見に来ていただいた。
授業の様子を一通り見ていただいたあと、先輩方の模擬授業の監督も行って頂いた。
お忙しい中、ありがとうございました。

・授業終了
18:00を少し過ぎたあたりで生徒全員の作品が完成した。
教室はとたんに賑やかになり、達成感に満ち溢れていたようだった。

もっとゆっくり話でもしたかったが外も暗くなっていたので生徒に早く帰るよう促す。

6日間だけの短い間だったが生徒と相当仲良くなることができたと思う。
「また会えるといいね」と話したところ「学園祭に来ればいいじゃん」とうれしい誘いを頂いた。是非予定を空けて行きたい。


・模擬授業(2)
生徒が全員帰ったため、PC教室を施錠して先輩方の模擬授業を見に行く。
たった数時間で更に磨きがかかっていた。私もいつかはこんな模擬授業ができるようにしたい。
スポンサーサイト

コメント

五十嵐です

この日は得たものが大きかったはずです。
まずは、1単位の授業で、生徒がどれだけ成長するかを見届けたこと。そして、1年後の採用試験の様子を体験することができたこと。
本当に教員になりたいと思ったら、この1年間をどう過ごすか考えましょう。他の学生よりも早いスタートが切れるはずです。

残り2日のインターンシップでは、情報科教員としてのスキルアップを目指す実習を予定しています。また、森谷さんの模擬授業を行います。40分~50分の授業を通しで行なえるよう、準備しておいてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://morinotani225250.blog.fc2.com/tb.php/8-acd47b2a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ken

Author:ken
文教大学情報学部3年
情報科教員を目指し、勉強しています。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。